「海藻で魚をおいしくする話」を発売


著者名:中川平介
ジャンル:魚類養殖
発売日:2024/2/22
販売ページ:

書籍概要

魚類養殖は主として成長や飼料効率を指標にして取り組まれてきました。一般に養殖魚は不味いと言われていますが、今でも本当に不味いのでしょうか?様々な種類の天然魚の消化管内に藻類があり、思い付きで養殖魚の飼料に少量の藻類を添加したところ魚の生理状態、健全性が向上し、食味まで改善されることに気付きました。健康でかつ良質の養殖魚を育成すれば食味も改善される筈と考え、飼料や飼育環境に工夫を加えてみました。
健全な養殖魚とは如何なるものか指標は不明でしたが、栄養素の代謝、絶食耐性、低酸素耐性、空中放置耐性、肝・膵臓機能、抗病性などを思いつき、養殖魚の質的向上を調べました。
本書では、魚類養殖の問題点、魚の栄養学、飼料サプリメントとしての藻類の有効性、給餌頻度、給餌量、飼育環境に工夫を加えた結果、養殖魚は格段に健全で美味しくなった話を解説します。さらに、著者が経験した様々な水産業に纏わる話を紹介します。

著者紹介

中川平介
1942年 島根県浜田市生まれ
1960年 島根県立浜田水産高校水産製造科卒業
1964年 広島大学水畜産学部水産学科卒業
1969年 東北大学大学院農学研究科博士課程修了(農学博士)
1969年~1975年 広島大学水畜産学部助手
1974年~1975年
フランス政府給付生としてマルセイユStation Marine d’Endoume(アンドゥーム海洋研究所)留学
1976年~2006年 広島大学生物生産学部助教授、教授
2006年 広島大学定年退職、広島大学名誉教授

受 賞 
日本水産増殖学会賞、環境省環境保全功労者表彰(地域環境保全功労者)、広島県環境賞
編 書 
中川平介・佐藤実編:養殖魚の健全性に及ぼす微量栄養素、恒星社厚生閣(2003年)
H. Nakagawa, M. Sato and D. Gatlin III 編:Dietary supplements for the health and quality of cultured fish. CAB International, Oxon, UK (2007).
中川平介・佐藤実・D. Gatlin 編(中国語翻訳版):健康和高品質養殖魚用飼料添加物.中国農業出版社.北京(2015).