「気軽に読めるゴルフの起源」を発売


著者名:山本久仁夫
ジャンル:ゴルフ
発売日:2024/2/22
販売ページ:

書籍概要

ゴルフの起源には多くの説があり、あまりにも古くて明確に示す資料は残っておらず推測の域を出ません。
ゴルフに関する公式記録で最古のものは、1457年にスコットランド国王のジョージⅡ世が公布した「ゴルフ禁止令」とされています。以降ゴルフは長い歴史の中で進化を続け現在に至っています。
この本では、ゴルフの創生期から近代までの生い立ちを、諸先輩方々が出された多くの資料を参考に、ゴルフの歴史入門書としてまとめました。

目次
第Ⅰ章ゴルフの生いたち
1ゴルフの起源(1457年)
2最古のゴルフコース(1457年)
3ゴルフの聖地「セントアンドルーズ」(1754年)
4アメリカにおけるゴルフの歴史(1743年)
5日本のゴルフ倶楽部の創成期(1903年)

第Ⅱ章近代ゴルフの始まり
1ゴルフクラブの始まり(1608年)
2ゴルフルールの始まり(1744年)
3ローカルルールの始まり(1888年)
4ゴルフプレーの変化(1744年)
518 ホールの始まり(1764年)
6パー(Par)の起源(1890年)
7ホールの規定(1891年)
8ティーイングエリアの起源
9ティーペグの始まり(1889年)
10 芝刈りの進化
11 ハンディキャップの始まり(1925年)
12 コースレートの始まり(1890年)
13-1 ゴルフボールの始まり
13- 2. ボールサイズの規定(1920年)
13-3. ゴルフボールの進化
14 ゴルフクラブの進化(1502年)
15 クラブ本数の制限(1939年)
16 ゴルフコースの運営形態

第Ⅲ章日本に於けるゴルフの始まり
1ゴルフコースの創設
2日本最古のゴルフ場、神戸ゴルフクラブ
3日本最古のパブリックコース
4 日本で3 番目のゴルフ場は競馬場の中
5 日本人のためのゴルフコース

第Ⅳ章創生期の日本人プロゴルファー
1 日本最初のプロゴルファー 福井覚治(1892~1930)
2 ボビージョーンズに勝利した男 宮本留吉(1902~1985)

第Ⅴ章回顧録
1神戸ゴルフ倶楽部の元支配人南岡政一氏の回想
2コース管理の始まり角田三郎氏の回想録から

第Ⅵ章世界の4大トーナメントの起源
1全英オープン選手権(1860年~)
2全米オープン選手権(1895年~)
3全米プロゴルフ選手権(1916年~)
4マスターズ・トーナメント(1934年~)

第Ⅶ章歴史に残る偉人達
1最古のプロゴルファー アラン・ロバートソン
2伝説のプロゴルファー トーマス・ミッチェル・モリス
3悲劇の天才プロゴルファー トム・モリス・ジュニア
4騎士道精神 フレディー・ガースリー・テイト
5球聖と呼ばれるアマチュアゴルファー ロバート・タイア・ジョーンズ・ジュニア

第Ⅷ章ゴルフにまつわるエピソード
1近代ゴルフの父 ハリー・バードン
2プレストウィックが全英オープンから外れた訳(1925年)
3アマチュアゴルファーの父 フランシス・デザール・ウィメット

第Ⅸ章世界のゴルフ年表

第Ⅹ章日本のゴルフ年表(1899年~1958年)

参考文献
あとがき

著者紹介

山本久仁夫(やまもと・くにお)
1945年兵庫県赤穂市生まれ兵庫県立赤穂高校卒
1968年初めて赤穂カンツリークラブの新設工事に関わる
1975年一般財団法人関西グリーン研究所(研究生)
以来70歳までの47年間ゴルフ場の新設とコース管理部門に従事している。
【関連コース】
赤穂カンツリークラブ
美和ゴルフクラブ
尾道宇根山カントリークラブ
吉備カントリークラブ
城山ゴルフ倶楽部
東広野ゴルフ倶楽部
日清都カントリークラブ
東洋メンテナンス㈱:新大阪GC、栗東GC、名古屋港GC、秋葉GC、他