「大学におけるオンデマンド授業の実践 授業準備から資料作成、成績評価まで」を発売


著者名:串山寿、三浦 洋子
ジャンル:教育
発売日:2024/1/8
販売ページ:

書籍概要

近年、新型コロナウイルス感染症の影響で従来通りのやり方だけでの授業運営が難しくなってきた。本書では、コロナ禍で実践したオンデマンド授業のやり方をまとめた。最低限知っておいた方がよい情報用語をはじめとして、「学生指導編」と「授業運営編」の2編に分けて解説。
「学生指導編」では、Microsoft社のWord、Excel、PowerPointなどの基礎的な操作方法についてまとめ、教員が学生指導に使うだけでなく、学生の方が見てもわかるような内容になっている。
「授業運営編」では、PowerPointを使った授業資料の作り方やMicrosoft Teamsを使ったオンデマンド授業のやり方、Microsoft Formsを使ったオンラインテストのやり方をまとめた。また、オンデマンド授業やオンラインテストでの注意事項についても記載。
本書は、実際に著者が経験したトラブルを注意事項としてまとめ、IT機器等の操作に不慣れな教員の役立つオンデマンド授業の道しるべである。

著者紹介

串山 寿
千葉経済大学短期大学部特任准教授、千葉経済大学・短期大学部情報企画戦略室室長代理
1996年東京電機大学大学院理工学研究科システム工学専攻修士課程修了
1996年NECソフト株式会社入社。警察庁システム開発、北米指紋照合システム等に携わる
2004年学校法人千葉経済学園入職。千葉経済大学附属高等学校・同短期大学部非常勤講師を経て現職
(学会発表)
電子情報通信学会1994年秋季大会 -ソサイエティ先行大会-
1994年9月 ニューロモデルの選択
https://iss.ndl.go.jp/books/R000000024-I002396470-00
(修士論文)
1996年3月 ニューラルネットワークの最適化に関する研究
(千葉経済論叢)共著
2021年6月 Microsoft Forms を利用したオンラインテストの将来性について -その方法と有用性、課題について- 第64号
2021年12月 Microsoft Teams 、Forms を利用したオンデマンド授業の将来性について - その方法と課題について- 第65号
2022年6月 大学におけるオンデマンド授業の改善点について 第66号
(その他)
2000年11月 NECソフト社長賞2級受賞「指紋システム海外展開の効率化」
2003年10月 感謝状 MINISTRY OF HOME AFFAIRS PERMANENT SECRETARY(ナミビア内務省事務次官 Niilo Taapopi)

三浦 洋子
千葉大学大学院博士課程修了 農学博士
千葉経済大学経済学部教授(2020年退職)
同大学非常勤講師(2020~22年)
(主要著書)
『食料経済2001』同文書院1992年
『食料システムの経済分析』税務経理協会1997年
『Excelで学ぶ食料システムの経済分析』農林統計協会2003年
『朝鮮半島の食料システム―南の飽食、北の飢餓』明石書店2005年
『北部朝鮮・植民地時代のドイツ式大規模農業経営―蘭谷機械農場の挑戦』明石書店2011年
『金丸信のめざした日朝国交正常化―金丸家所蔵文書より』山梨ふるさと文庫2020年
『儒教社会に挑んだ北朝鮮の女性たちー抑商主義と男尊女卑思想からの脱却』明石書店2020年
(翻訳書)
金成勲・金致泳『北朝鮮の農業』農林統計協会2001年