「国語力を磨く」を発売


著者名:坂本 明美
ジャンル:教育・学参・受験
発売日:
販売ページ:

書籍概要

■国語力は一生必要な力、国語は全ての学問のベース!

国語力は一生にわたって必要な力です。「書く・読む・話す・聴く」という4つの力が国語力の軸であり、社会人になってもコミュニケーション力と名前を変え、ついて回ります。つまり、国語力は人生において無視することができない「力」なのです。
また、国語は全ての学問の土台となる教科です。何かを考える時は語彙力や論理的思考力が必要です。人と会話する時にも相手の気持ちを察したり、わかりやすく伝えたりする力が要ります。実は、これらすべてが国語力です。
人生の舵を取り、人と心を通わせて生きる為に国語力は不可欠なのです。

■継続してはじめて実が成る力(教科)です

国語力を身に付けるには時間がかかります。だからこそ、子どものうちからコツコツと学び続ける必要があるのです。そのため国語という教科は、まさに「継続は力なり」を地で行く教科とも言えるでしょう。世の中には多くのテクニック本や攻略本がありますが、国語には「こう解けば必ず力が上がる」とか、「短期間で国語力がアップする」という法則は存在しません。書く力・読む力・話す力・聴く力において、どれが今の自分に不足しているのかを分析し、地道な努力で少しずつ伸ばしていくという、当たり前に感じる「学習を継続する」ことが最も確実であり、付け焼き刃ではない「一生ものの国語力」を獲得するための最短ルートです。

■本書は特に こんな方におすすめです

・お子さんの国語力にお悩みのお母さま、お父さま
・国語という教科を基本から学び直したい方
・社会人になっても使える国語力を身に付けたいと考えている中高校生
・コミュニケーション力に自信のない方

■こんな方には向きません

・すぐに結果を求める方
・テストの点数を上げることを主目的としている方※
・受験合格がゴールだというお考えの方
※本書は参考書や問題集ではありません

■特に効果があった学習方法の中から…

国語とはどのような教科で、何のために学ぶのか。
「書く・読む・話す・聴く」力を伸ばしていく具体的な方法とは?
―札幌で「国語専門塾みがく」を主宰している筆者が、ご家庭ですぐに取り組める国語の学習法をお教えします。30年を超える国語指導を通して、実際に生徒の力が目に見えて上がったアプローチ法を取り上げ、教え子のエピソードやコラム、「国語専門塾みがく」でのユニークな取り組みを交えてご紹介します。

【目次】

第1章 国語力の根幹とは   
~国語は一日にしてならず

第2章 国語力とはなにか   
~国語力はコミュニケーション力そのもの

第3章 国語力を支える「4つの柱」 
~書く力・読む力・話す力・聴く力をバランスよく伸ばす

第4章 語彙力を身に付ける  
~語彙を獲得して世界を広げよう

第5章 幼児から始める国語学習 
~想像力・論理力の芽を育てる

第6章 国語力は一生必要な力  
~幸せな一生を送るために

著者紹介

北海道札幌市生まれ。
大学在学中から現在まで30年間、国語指導に携わる。大学受験予備校や学習塾の講師として教壇に立つ傍ら、「大人のための国語教室」「聴く力アップ講座」等の社会人向けセミナーを開催。幼児から年配まで幅広い年齢層を指導した経験から、
「国語力は一生もの。社会に出てからこそ真価が問われる力。受験やテスト対策にとらわれない本物の国語力を育てたい」との思いを強くする。
そんな中、2010年4月に「国語専門塾みがく」を創設。マンガ作文や「五感紹介文」、「ドラえもんスピーチ」など、独自のアプローチで国語指導を行う。進学塾とは異なる、社会人になっても困らない国語力が身に付けられる異色の塾として人気を博し、札幌市内の全教室で満席が続いている。