「マンションの老いるショック!データから学ぶ管理組合運営」を発売


書籍タイトル:マンションの老いるショック!データから学ぶ管理組合運営
著者名:松本 洋
ジャンル:不動産
発売日:
販売ページ:

作品概要

我が国の総人口に占める65歳以上の高齢者人口の比率がしだいに増えていく社会で、築年数40年を超える分譲マンションは2019年末では72.29万戸あり、10年後には2.5倍の184.9万戸、20年後には約5倍の351.9万戸に増える見込みであることが国土交通省から公表されています。これは区分所有者の高齢化により役員のなり手がいない問題、修繕積立金が足りなくて大規模修繕工事ができない問題の発生を意味します。
老朽化するマンションや団地。居住者の高齢化が進み、経済力が低下したり亡くなったりして、多額の費用がかかる修繕ができなくなっているケースや居住者が亡くなった後、所有者がわからぬまま放置されるケースもあります。
マンションの建替えは高額な建築負担金が求められることが多いことから、経済的な理由ほとんど実施されないのが現状です。
分譲マンションでは、区分所有者の老い、建物設備の老いの二つの老いの問題を抱えています。
「マンションの老いるショック」としっかり向き合うことができれば、様々な壁を乗り越えていくことができるのです。
国土交通省から公表されているデータやマンション管理士としての日常の業務の経験から得た知識を基に本書では「マンションの老いるショック」の解決方法を解説しています。
本書は、マンション管理業者、不動産仲介業者、マンション管理士等専門家の方から、現在マンションにお住いの方、管理組合の理事・監事、これからマンションを購入することを検討している方のバイブルになるはずです。
今後生ずる問題の解決の一助となると確信しています。

著者紹介

松本 洋(まつもと ひろし)
1954年 東京都目黒区 生まれ
不動産会社、商社系マンション管理会社勤務
2005年マンション管理士事務所開業
松本マンション管理士事務所 代表

所属団体
東京都マンション管理士会城東支部 事務局長

著書
買ったときより高く売れるマンション  アーク出版

資格
マンション管理士 管理業務主任者 宅地建物取引士 測量士補 2級FP技能士
甲種防火管理者 東京都マンションアドバイザー 東京都高齢者生活支援委員ほか

マスコミ・メディア
NHK ニュースウォッチ NHK あさイチ NHK 首都圏ネットワーク TBSテレビ ビビット フジテレビ とくダネ
読売新聞 日刊ゲンダイ  東都よみうり 日刊スポーツ マンションタイムズ ほか
全国地方自治体主催 セミナー講師 相談員