「ビジネスと経営のためのロジカルシンキングとしての弁証法・認識論」を発売


書籍タイトル:ビジネスと経営のためのロジカルシンキングとしての弁証法・認識論
著者名:藤井 義大
ジャンル:経営学・ロジカルシンキング
発売日:2020/2/21
販売ページ:

内容紹介

ビジネスに本当に役立つロジカルシンキングは、常識を超えてスケールが大きく、その奥は深い。論理的思考能力であるロジカルシンキングの源流は、論理を究極まで追求してきた哲学の歴史にこそ存在する。その哲学の王道的エッセンスである弁証法と認識論の基礎を、ビジネスと経営の具体例を用いて、ビジネスマンの目線で分かりやすく解説!

出版社コメント

難解と思われ、敬遠されがちだった本格派のロジカルシンキングとしての弁証法と認識論を、豊富なビジネスの具体例で分かりやすく解説した画期的な書。
一般的にロジカルシンキングとして紹介される「結論から考える」、「フレームワーク思考」、「仮説思考」等についても、本質的な視点から解説されており、上中級者にもおすすめ。小手先のスキルに終わらない、人生を豊かにする本物の思考スキル。

著者紹介

世界最大規模の会計・監査ファームに属する監査法人において、金融、メーカー、卸、小売、サービス業、独立行政法人、協同組合等の多様なクライアントに対する監査・コンサルティング業務に従事。
著書に『Q&A業種別会計実務・10 リース』(共著/執筆責任者)、『これでわかるリース取引』(共著/執筆責任者)。灘中学校・灘高等学校卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。公認会計士。

著者略歴

藤井義大
公認会計士 現在、有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー
灘中学校・灘高等学校を卒業後、東京大学理科I類に入学
東京大学大学院理学系研究科後期博士課程中退
愛知県庁勤務を経て、有限責任監査法人トーマツに入所。
金融、メーカー、卸、小売、サービス業、独立行政法人、協同組合等の多様なクライアントに対する監査及びコンサルティング業務に従事。
(著書)
『これでわかるリース取引』(共著/執筆責任者 みずほ総合研究所)
『Q&A業種別会計実務・10 リース (Q&A業種別会計実務 10)』(共著/執筆責任者 中央経済社)