「教員免許不要論」を発売


書籍タイトル:教員免許不要論
著者名:澤田耳男
ジャンル:教育
発売日:
販売ページ:準備中

著者コメント

あらすじ

 教員は、政治家、警察官、公務員同様、いつも批判の対象とされ、何かあるごとにその言動や行動は細かい規則によってがんじがらめにされる。しかし、本当にそれは子どもたちにとって、プラスになることなのだろうか。
 本稿は著者が教育現場で実際に感じたことをまとめたものであり、教員免許をなくした場合のメリット、デメリットについて考察した。
 本当に免許がないと教育は出来ないのか。
 もっと教育は自由にし、競争の原理を導入すべきではないか。教育界のみならず、日本のすべての人に問題提起を行なう書。

著者紹介

澤田耳男(さわだみみお)
岐阜県生まれ。中央大学文学部卒業。
予備校職員、塾講師などを経て、現在、私立高校教員。
著書に詩集『水色の円』(新風舎刊。現在絶版。)がある。教育のみならず、名古屋を中心にDJとしても活動するほか、アイドル、コンカフェ、プロレス等、幅広い分野に興味関心を持つ。ツイッターは@mimiorecord。