「山女色の空の下で」を発売

2017-09-20


書籍タイトル:山女色の空の下で
著者名:平藤亮二
ジャンル:小説
発売日:2017/10/16
販売ページ:Amazon

著者コメント

あらすじ

妻と離婚し、家庭を投げ捨ててまでも若い頃からの夢であった自給自足の生活を具現化した主人公の瀧澤健吾。河岸近くの山の麓に小屋を建て、僅かばかりの農地で野菜を作りながら釣りに没頭していたある日、一人息子の岩魚が訪ねて来る。話を聞くと学校にも行っておらず、母親にも黙って家を出て来たらしい。前妻に連絡をとり、岩魚を家に帰そうとするが、岩魚はここに残って暫く生活を共にすることを選択する。そこから二人の共同生活が始まる。釣りという行為を通して、親子の成長と絆を描いた物語。

著者紹介

北海道函館市生まれ。小さな頃から釣りに魅了され、開口健の本を読み漁る。
20代はコックに憧れ、東京のレストランで修行。30代からは造形会社に入社し有名アーティストの舞台のセットやオブジェを製作。
現在、福祉系のNPO団体に勤務。


お問い合わせ・ご相談はメールフォームよりどうぞ。


Copyright© 日本橋出版 All Rights Reserved.